清常 浩介

 

 

何をやってきたのか(経歴・実績)

1971年 埼玉県生。成蹊大学経済学部卒
1995年 沖電気工業㈱入社。その後移籍した日本TIを2006年に退職するまでの11年間、一貫して通信向け半導体・電子部品のグローバル市場向けマーケティングを担当。
2007年 ニッセイ・キャピタル㈱入社。3年弱の在任期間中、14社への投資を実行し、IPOは2社(セルシード、データセクション)、M&Aは1社(リプレックス)。
2010年からは卸売り、人材、ITサービスなどベンチャー企業3社の設立、経営に関わり、それぞれの事業の黒字化を達成。グループ人員100名超、売上100億円企業でのCOO、合併後のPMI、新WEBサービスの立ち上げ、起業などを経験。
2018年 イノベーション・エンジン株式会社入社。Webサービス企業、医療サービス事業等に出資。
一橋大学院国際企業戦略研究科 修士課程卒

 

得意なこと(誰にもまけないこと)

製造から卸売り、サービスまでの多様な事業会社におけるボトムアップの現場経験と、経営者・VCとしての経営判断の相互理解が強みです。
様々なバックグラウンドを持つベンチャー企業の人材マネジメントや組織運営について、経営者の外部アドバイザーとしての知見を活かします。
企業の成長ストーリーを意識し、事業運営の現場から経営まで成長に必要なピースのアドバイス、またその補完のための活動に注力してまいります。

 

何を貢献したいのか(未来の夢)

幅広い業界経験で培われた目を持ち、トレンドに左右されない本質的な事業価値に着目し、ベンチャー企業をサポートいきます。特に少子高齢化や、オールドエコノミーの活性化に関わるベンチャー企業は、自らが世代間格差のブリッジ役として注力していきたいと思っています。