メンバー


野村證券に入社し資産運用業務に従事した後、野村総合研究所に転じベンチャー企業の事業評価と上場支援業務を責任者として推進した。その後、ジャフコにて投資調査部長となった後、日本初の先端技術ファンドの責任者になり運営を行なった。2001年1月に独立し、イノベーション・エンジン株式会社を設立し、ベンチャーファンドの運営を統括すると共に、自ら自身も投資先企業の社外取締役となり事業創成の推進・支援を行なっている。京都大学法学部卒。Harvard Business School PMD修了。
ナノテクビジネス推進協議会 ビジネス委員会 委員長
大阪大学ベンチャーキャピタル 顧問
早稲田大学アントレプレヌール研究会 理事
NEDO 技術委員


あおぞら銀行(旧 日本債券信用銀行)に入行後、融資業務等を経て、主にバイオベンチャーをターゲットとしてベンチャーキャピタル業務に従事し、多くのIPOを実現した。その後、あおぞらインベストメントの常務取締役として投資責任者になると共にVC事業のマネジメントを行なった。2009年12月より現職。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。


エプソンで研究開発に従事した後、野村総合研究所のシンクタンク部門に転じ、エレクトロニクス・半導体産業を中心に多数の調査・コンサルティングプロジェックトを推進。その後、ジャフコにてベンチャー投資業務に携わり、投資調査部長として主に先端技術系企業の評価・経営支援等を行う。 2010年から当社のアドバイザー、2015年3月より現職。東京大学工学部卒・同大学院修了(修士・電子工学)。Capella University(米) Ph.D (経営学)。


ジャフコに入社し15年間ベンチャー投資業務に携わる。東京・大阪基点に、製造業、IT・サービス業などのベンチャー企業を発掘し、育成支援した。2007年起業し、中小企業向けに幹部人材の採用支援とモバイルITによる社員教育事業を運営するとともに、ITベンチャーや音楽メディア、建築工事、金融などの事業再生にも取り組んだ。2016年9月より当社に参画。駿河台大学法学部卒。証券アナリスト。


ジャフコに入社し、約6年間ベンチャー投資業務に携わる。2001年ITベンチャー企業 アスカネットに転籍し、新規事業を立上げ、IPOを実現した。その後、WEBサービス企業を経て、2017年6月より当社に参画。明治大学法学部卒。


オリンパスに入社後、コンシューマ分野から医療・産業機器分野までの幅広い分野にて新規事業の企画・開発業務に従事する。2014年から大阪大学ベンチャーキャピタルの設立メンバーとして参画、投資部門の責任者として技術系ベンチャーへの投資を実行し、IPOやトレードセールを実現した。2020年2月より当社に参画。東北大学工学部卒。


 

沖電気工業、日本テキサス・インスツルメンツにて電子部品の営業・マーケティングに11年従事した後、ニッセイ・キャピタルにおいてベンチャー投資に3年間携わる。その後、通販やネット分野のベンチャー企業経営者を数社経験したのち、2018年9月より現職。成蹊大学経済学部卒、一橋大学国際企業戦略研究科修士課程修了。


ジャフコに入社し18年間ベンチャーキャピタル業務に従事。2010年に独立後は、ベンチャー企業の資金調達やM&A等のファイナンシャルアドバイザー業務やITベンチャーのCFO業務等のベンチャー企業支援活動を推進。2016年4月より当社ベンチャー・パートナーとして参画。岡山大学法学部卒。


野村総合研究所に入社後主任研究員を経て、日本初の有限責任事業組合(LLP)形態のベンチャー・キャピタルを設立し運用中。国際公認投資アナリスト、早稲田大学政治経済学部卒。企業や業界団体の役員、JAXA(宇宙航空研究開発機構)客員研究員、内閣府規制改革会議参考人、高齢障害求職者雇用支援機構委員、関東ニュービジネス協議会部会長等歴任。


野村證券に入社し国際金融業務に従事した後、SBIホールディングスに転じ中国ベンチャー企業の投資業務を中国代表として推進した。その後、野村国際(香港)にて中国事業の戦略推進と中国マーチャント・バンキング部門の立上げを担当。2015年7月より現職。南京大学哲学部卒。横浜国立大学大学院国際経済法学研究科修士課程修了。


CSK(現SCSK)に入社後、CSKベンチャーキャピタルに転籍。クラウド関連の投資を行い、多くのIPOやM&Aを実現。2010年にクラウドソフトウェア開発のMorphlabs(米国、従業員60名)を共同創業し事業売却まで実現。2014年、産業革新機構が発足した知財ファンド運営会社IP Bridgeにて、イノベーション事業部を立ち上げた。2020年4月より当社に参画。世界最大の知財メディアIAMで「世界の知財戦略家300」に選定。テキサス州立大学オースティン校 MBA修了。


2015年より農林水産省と共同で外食産業の人材育成および人材紹介を行う。また、新しい外国人就労ビザである外国人特定技能事業を外食産業、食品工場でいち早く進め、企業成長に寄与。また、インバウンド推進を行う社団法人の理事長も歴任し、日本と海外との人・企業・金の連携を深化させることで日本企業の成長を支援。一般財団法人アジアフードビジネス協会 理事。


野村證券へ入社後、北九州支店長、大阪支店事業法人部長を経て野村ファンドネット証券の執行役などを歴任。その後、ジャスダック証券取引所に入社し、常務執行役ステークホルダーズ本部長、IPOサポート部長として活躍した。その後、エース証券専務執行役員法人本部長としてIPO業務に従事した。九州大学経済学部卒。


和光証券入社後、IPO部門でソフトバンクを担当。その後デジタル情報産業部を創設し部長に就任。IT企業を中心に上場・未上場のRMを担当、ボーダーフォンのTOB等を指揮すると共に、みずほ証券のIPO部門を牽引。2013年にSBI証券に転身、常務取締役に就任、IPO営業を指揮した。250を越える主幹事を獲得し、1,000を越えるシ団獲得に貢献。2020年7月に時政事務所を設立しイノベーションエンジンに参画した。


化学品商社の長瀬産業で主にファインケミカルビジネスに従事。プラスチック、コーティング、エレクトロニクス、化粧品等様々な業界分野での営業活動と新規事業立ち上げを推進した。2015年から3年間株式会社林原でOTC医薬品や健康食品の製造・販売事業の責任者として従事。名古屋工業大学工学部卒。


オールアバウトに入社し、メディア運営・EC事業の立ち上げなどに携わる。2011年、同社よりエンファクトリーがスピンアウトし、現在では取締役副社長を務める傍ら、飼育係、ロベリア、flasco、合計4つの会社の経営に携わっている。早稲田大学人間科学部卒。


住友信託銀行入し業務全般、内部監査業務、受託監理業務を担当。その後、新生信託銀行、朝日信託の非常勤顧問、ばんせい証券で内部統制業務に携わり、2017年6月より当社に内部管理室長として参画。慶應義塾大学法学部法律学科卒。



アドバイザー

  • 松田 修一
    ウエルインベストメント株式会社 取締役会長
    早稲田大学 名誉教授・商学博士

  • 村井  勝
    TXアントレプレナーパートナーズ 代表

  • 西澤 紘一
    株式会社みらい知的財産技術研究所 代表取締役

  • 坂口 岳洋
    一般社団法人 外国人旅行者誘致促進地域創生機構 理事長。
    元、衆議院議員。